出産までに掛かる費用

<スポンサード リンク>

出産までに掛かる費用

 

出産までには検診費、分娩入院費、マタニティグッズやマタニティウエア、ベビー用品が掛かります。

 

基本的に妊娠、出産は病気ではないので、健康保険は適用されず全額負担になってしまいます。

 

何かの合併症などがあった場合、健康保険が適用されるケースもあります。

 

ベビー用品は出産前に揃えておくと良いでしょう。

 

なお、出産育児一時金などお金がもらえたり戻ってきたりする制度などがありますが、今回はそれらを加味しない状態でご説明致します。

 

 

検診費はいくら掛かる?

 

出産までに平均で15回程度、健診します。

 

1回の検診費は3000〜5000円程度掛かります。

 

自治体によっては補助があり、検診費が無料だったり半額だったりする場合もありますので、問い合わせてみて下さい。

 

自治体の補助が全くなく全額自己負担の場合、個人差もありますが検診費のトータルは、おおよそ7万円くらい掛かります。

 

健診の回数は、これも個人差がありますが、おおよその目安としては妊娠7ヶ月までは月に1〜2回、妊娠7ヶ月を過ぎたら2週間に1回、出産予定日が近くなると週に1回ほどになります。

 

検診費が掛かるという理由で、健診を減らすことは避けて下さい。

 

 

分娩入院費はいくら掛かる?

 

あくまでも目安ですが、病院の種類によって分娩入院費は変わってきます。

 

 

産婦人科病院
   約30〜40万円

 

総合病院
   約30〜35万円

 

国立大学病院
   約25〜30万円

 

私立大学病院
   約30〜40万円 

 

個人産院
   約30〜40万円

 

助産院
   約25〜35万円   

 

 <スポンサード リンク>

 

マタニティグッズ、マタニティウエア、ベビー用品に掛かる費用は?

 

マタニティグッズやマタニティウエアにかかる費用は、平均で約5万円くらいです。

 

またベビー用品に掛かる費用は、平均で12万円くらいです。

 

マタニティグッズやマタニティウエア、ベビー用品は、一時的な物で済む場合が多いので、新品を購入しなくてもレンタルやリサイクルショップなどを利用してみるのも良いでしょう。
そうすれば上記の金額よりも抑えられる可能性があります。

 

 

出産前購入リスト

 

マタニティグッズ、マタニティウエア

 

マタニティウェア
マタニティブラジャー
お産用ナプキン
妊婦用ショーツ(産褥ショーツ)
パジャマ
カーディガン
母乳パッド
タオル
バスタオル
ガーゼ
ハンカチ
スリッパ
洗面用品
爪切り
母子手帳ケース

 

 

 

ベビー用品

 

肌着
外出着
靴下
帽子
おむつ
おしり拭き
おむつ用バケツ
哺乳瓶
哺乳瓶消毒セット
ベビーウエア
よだれかけ
ベビーバス
ベビーソープ
沐浴布
湯温計
ベビー用体温計

ベビーパウダー
爪切り
ベビーベッド
布団類
抱っこひも
ベビーカー
チャイルドシート

 

 

 

出産までに掛かる費用の総額は?

 

おおよそ50〜80万円くらい掛かりますが、人によってこれよりも安かったり、高かったりする場合もあります。

 

初産の場合のほうが、費用が高く掛かる傾向があります。

 

出産経験のある経産婦だと、出産がスムーズで入院日数が少なく安く済んだり、マタニティ用品やベビー用品も、以前産んだ時に使った物を再利用できます。

 

 <スポンサード リンク>