電磁波が赤ちゃんに与える影響

<スポンサード リンク>

電磁波が赤ちゃんに与える影響

 

電磁波が身体に悪影響を及ぼすとする研究結果が、WHOなど世界中から出てきています。

 

電磁波の身体へ及ぼす影響の、完全なメカニズムは解明されていません。

 

しかし解明されていないからと言って、安易に赤ちゃんが電磁波を浴びる環境に置くのは、お勧めできません。

 

電磁波は危険なものと認識して対応するほうが、賢明だと思います。

 

 

 

電磁波とは?

 

 

電磁波とは、電場磁場の両方の性質を持った波のことです。

 

電磁波には周波数があり、周波数の高さや低さで様々な電磁波の種類に分けられます。

 

太陽から降り注ぐ、紫外線や赤外線、可視光線も電磁波です。

 

ですから電磁波全てが悪いという訳ではありません。

 

 

 

赤ちゃんに悪影響を及ぼす電磁波

 

 

 

電磁波の中でも、身体に悪影響を及ぼすとされているのが、家電製品や高圧送電線などから出る電磁波です。

 

WHOは2011年、携帯電話を発がん性を持つ危険有害物質と指定しました。

 

電磁波は発がん性以外にも、小児白血病、流産、幼児性突然死症候群、ダウン症、うつ病、白内障などのリスクが高まる可能性があると指摘されています。

 

赤ちゃんの頭蓋骨は大人よりも薄いので、脳が電磁波の影響を受けやすいとも言われています。

 

またお腹の中にいる胎児が電磁波を浴びると、流産や先天性異常などの障害が起きる可能性もあると言われています。

 

 

 

携帯電話(スマートフォンも含む)から出る電磁波は、通話中に強い電磁波が出ます。

 

その強い電磁波を耳に当てているのですから、脳に相当のダメージを与えていると思われます。

 

また電子レンジやIHクッキングヒーターも強い電磁波が出ています。

 

電気カーペットや電気毛布の上で寝るのは、体中に電磁波を浴びるので非常に良くありません。

 

また、高圧送電線付近に住んでいる子供は、小児白血病の発症率が高いとのデータもあるようです。

 

 <スポンサード リンク>

 

電磁波から赤ちゃんを守る方法

 

 

電磁波が発生している電化製品から離れる

 

電磁波が出ている物から離れるほど、その影響を減らすことができます。

 

電子レンジの使用中は、むやみに覗きこまないで下さい。

 

また枕元に携帯電話を置いて寝るのは、止めて下さい。

 

携帯電話やスマートフォンは通話中に強い電磁波を出しますが、使っていない時でも多少の電磁波は出ています。

 

またIHクッキングヒーターの調理中は、赤ちゃんを遠ざけて下さい。

 

 

携帯電話はイヤホンマイクを使う

 

携帯電話やスマートフォンを使用する場合は、イヤホンマイクを使い本体から少しでも離すことが大事です。

 

ヨーロッパでは、携帯電話とイヤホンのセット販売を義務化している国もあります。

 

もちろん通話中は本体を赤ちゃんから、なるべく離して下さい。

 

 

電磁波防止グッズ

 

電磁波を防止する妊婦用インナー、エプロンなど様々な商品が販売されています。

 

この中には、効果の無い商品もあると以前ニュースになった事もあります。

 

できるだけ、公的機関などの試験結果や効果などが明記されている物を選んで下さい。

 

 

電化製品にアースをする

 

電化製品からアースをすることで、大幅に電磁波を減らすことができます。

 

正確には電磁波の中でも、電場だけに効果があります。

 

電磁波は磁場よりも、電場のほうが体には危険だと言われています。

 

アースは本来、雷が家に落ちた時に電化製品に流れた電気を地面に逃したり、感電を防いだりするものです。

 

しかしアースをすることで、電磁波(電場)を減らせるので、ぜひお勧めしたい電磁波対策です。

 

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電には、緑色の大抵アースの線が付いていると思いますが、実際にアースをしているご家庭は少ないのではないでしょうか。

 

欧米の場合、家のコンセントはアースが出来るようになっていますが、日本の場合アースが出来ないコンセントになっている場合がほとんどです。

 

 

アースすることで電場が減る参考動画 http://www.youtube.com/watch?v=8j18VjJ6xcA

 

 

 

ではアースのやり方を説明致します。

 

電化製品にアース線が付いていない場合は、電化製品の金属の部分でしたら何処でも良いので、その部分に銅線を繋げます。

 

銅線はホームセンターなどで売られています。

 

銅線はビニールで覆われているタイプを使って下さい。

 

また銅線が全てむき出しになっている物はお勧め出来ません。

 

銅線の色や長さは関係ありません。

 

解らなければ、店員にアースに使う線と言えば大丈夫です。

 

アース線は電化製品の金属部分に繋げる所に、銅線を覆っているビニールを剥がして、銅線が直接金属部分と接触するようにして下さい。

 

電化製品にアースを繋いだら、その線を水道管の金属部分に繋げます。

 

これも同じように水道管と繋げる所も、銅線を覆っているビニールを剥がして、銅線と水道管を直接接触させて下さい。

 

もし水道管に金属部分が全くない場合は、アース線を地面に刺します。

 

アース線を地面に刺す方法は、アース線を長さ20〜40cmくらいの鉄の棒に巻きつけて地面に刺して下さい。

 

これも鉄の棒とアース線の中身の銅線が、直接接触するように巻いて下さい。

 

地面は土に刺して下さい。

 

砂利や砂に刺しても効果は期待できません。

 

 

究極の電磁波対策

 

赤ちゃんを丸ごとアルミホイルで覆います。

 

アルミホイルは電磁波を通しません。

 

ベビーベッド、ベビーバスケット、クーファンなどをアルミホイルで全体を覆います。

 

ダンボールなどにアルミホイルを貼ると、作りやすいと思います。

 

長時間赤ちゃんを覆うのは酸欠になり危険ですので、絶対にしないで下さい。

 

赤ちゃんの近くで、どうしても電磁波が出る製品を使用しなければならない時に、数分の短時間の緊急用としてお使い下さい。

 

その他に部屋の壁と窓の全てに、アルミホイルを貼るという荒業もあります。

 

ただし、その部屋の中では電化製品は一切持ち込んではいけません。

 

 <スポンサード リンク>